About...

2019年、銀の街として知られるメキシコ<TAXCO(タスコ)>にてブランドを設立。
全てのジュエリーは伝統的な手法を用いて、現地のシルバースミスによって生み出される。
ブランド名の『XOLO(ショロ)』は、メキシコの固有種であるヘアレスドッグから由来され、XOLOが持つ美しい艶とメキシコの人々からの親しみが込められている。
 
TAXCO
北中米で最初の鉱山が発見されて以来、スペイン植民地時代にシルバーラッシュで沸いた銀の街。
家の壁もタクシーも白やベージュで統一され、コロニアル様式が残る美しい街並み。
シルバージュエリーの産地として最も歴史の古いメキシカンジュエリーは、伝統的な手法を受け継ぎ、世界の名だたるジュエリーを作り続けています。